WANI-NET 運営規約


運営の方針について

  1.  WANI-NETは互助的なネットワークです。利用者が運営に必要な費用・労力等を提供し、できるだけ長期にわたって運営することを目的とします。
  2.  WANI-NETは運営者が信じる常識のもとに運営されます。

運営の終了について

  1.  WANI-NETはできるだけ長期の運営を目的としていますが、運営に必要な資金が集まらない場合、または運営者がやむをえないと判断した理由が発生した場合には運営を終了するものとします。

会員の権利・義務について

  1.  会員は運営者に運営に関わる負担をできるだけかけないように気をつける義務があります。これは運営にかかわる労力(人件費)はカンパの対象となっておらず、すべて運営者の持ち出しで行われていることに起因します。
  2.  会員は、WANI-NETにおいて誹謗・中傷等の文章を書き込むことは慎むようにする義務があります。誹謗・中傷等の文章に相当するかどうかは運営者の判断によります。なお、特定の文章が誹謗・中傷等に相当するかどうかの質問に運営者は答える義務はありません。
  3.  会員はいかなる理由でも随時脱会できます。
  4.  会員はWANI-NETにカンパする義務はありません。

運営者の責任

  1.  運営者は運営者の良心をもってWANI-NETに掲載された情報の逸失・漏洩やサーバの停止等を防ぐこととします。
  2.  情報の逸失・漏洩やサーバの停止等が発生し、これによって会員が被害を受けた場合でも、運営者は一切補償しないこととします。

公序良俗に反する行為

  1.  公序良俗に反する行為があったと運営者が判断した場合は、運営者の判断でメッセージ削除・会員の抹消等の処置が行われます。

カンパについて

趣旨

  1.  カンパは運営にかかる実費用の一部を負担していただくもので、カンパする者、運用者ともに何の権利・義務も発生しません。カンパすることによりサポートを受ける権利が発生するわけではありませんし、カンパを受けることにより運営を継続する義務が発生するものでもありません。なお、会員が脱会した場合でもカンパは返金されません。
  2.  カンパは「利益を出さない」ことを目的としています。余剰カンパは必ず繰り越されます。この「余剰カンパ」は「利益」ではありません。

カンパの対象

  1.  カンパの対象はあくまでも運用にかかわる費用の一部です。電気代・場所代・管理にかかる人件費等は対象に含みません。これらは運営者の持ち出しということにします。よって、余剰カンパが発生したとしてもそれは利益ではありません。単なる「余剰カンパ」ということになります。
  2.  カンパはWANI-NETの運営に利用されることになりますが、具体的にどのように利用するかについては運営者が決定することとします。なお、この運営の中には宣伝・新規会員の勧誘等も含まれます。

運用終了時のカンパ

  1.  運用者の判断でWANI-NETの運用を終了する場合、余剰カンパの額が大きい場合は運営者の判断でカンパ者に返金することとします。
  2.  WANI-NETに掲載された情報については、何らかの方法で会員がアクセスできるように運営者は考慮するものとします。

情報の管理

  1.  WANI-NETに蓄積された情報はそれぞれの著作者のものとします。
  2.  運営者は運営者の判断により情報の編集・削除等を行うことがあります。
  3.  WANI-NETに登録された会員の個人情報、及び運営者が知りうる会員の個人情報は、他に漏洩することの無いように運営者は配慮することとします。ただし、不測の事態が発生して会員の情報が漏洩した場合でも運営者はその責を負わないものとします。
  4.  前項の例外として、運営者は会員に郵便物等を発送することを目的として会員の住所を郵便物発送請負者等に渡すことができるものとします。

会員の管理について

管理権限

  1.  会員は運営者の決定により登録・抹消されます。

入会

  1.  氏名・住所・希望するID・パスワード・インターネットにおけるメールアドレス等を登録することで会員の登録を申請することができます。

退会

  1.  会員は管理者(root)宛にメールでその旨連絡することで随時退会することができます。このとき、メールの差出人は退会する会員である必要があります。この場合、確認なしに退会処理が行われます。
  2.  その他の連絡手段によって退会を申請する場合、なんらかの手段によって本人であることを証明する必要があります。

運営規約の変更

  1.  運営規約は運用者によって随時変更されます。
  2.  変更する場合には一週間以上前にWANI-NETまたはそれに準じる場所で通知することとします。

変更履歴

2001.3.11 文中の「運用主旨」を「運営規約」に変更
1998.7.10 「会員の権利・義務について」「情報の管理」「入会について」「退会について」を変更、各内容に項番号を付加

1998. 3.16 「運営者の責任」を追加、「運用終了」を「運用終了時のカンパ」に変更


戻る